バックナンバー

矯正歯科の基本情報

根管治療自体は保険適応か

矯正歯科の根管治療とは

  • トップ /
  • 矯正歯科の根管治療とは

矯正歯科の根管治療とは何か?

矯正歯科では、単純に虫歯を治療するといった以外のさまざまな治療を受けることができます。現在話題になっているのは、根管治療というものです。根管治療とは、虫歯治療で神経を取った後の根管を、細菌に感染したりしないようにきれいにすることで、矯正歯科でよく行われています。根管は細かく枝分かれしている複雑な形態の管なので、根管治療は根気良く時間をかけて行う必要があり、その矯正歯科の設備や技術にも左右されます。根管治療は予防治療のため、自由診療の扱いで保険の適用外になってしまいます。ただ、細菌が感染してしまったり、運悪く根管の先の方まで侵入してしまったりすると大変なことになるので、根管治療は受けておくと安心です。矯正歯科での治療は保険適用外といっても、この場合は法外な費用がかかるというわけではありませんし、かぶせものの素材によっても費用は変わってきます。治療を行うのは部分的なことでしょうし、保険の適用外だからといってそんなに身構えることはありません。かぶせものは金属をレジンで接着しますが、部位によってはセラミックの白い歯を入れることもできます。治療の方法や費用に関しては、矯正歯科の医師によく相談してみてください。

↑PAGE TOP