バックナンバー

矯正歯科の基本情報

歯科医院での無痛治療

矯正歯科での根管治療はほぼ無痛

  • トップ /
  • 矯正歯科での根管治療はほぼ無痛

矯正歯科は根管治療も実施

根管治療を受ける状態になっている患者さんの多くは、過去に歯の神経を抜いて痛みを除去する治療を受けた経験があります。歯根と呼ばれる歯の根の部分は構造がとても複雑で、一度治療した後でも残っていた細菌が次第に繁殖していくと炎症を起こして膿がたまり、歯茎にできものがあらわれるなど不快な症状が発生します。そのため再び歯の根をしっかりと掃除して綺麗にし、埋め戻すという治療が必要となります。その治療を根管治療といいます。矯正歯科でも歯列矯正やインプラントと同時に根管治療を受けることができます。高度な医療器具が備えられている矯正歯科では、マイクロスコープで歯根の奥を確認し、より確実に治療を行うことができる場合もありますので、治療後の歯の根元にできものがある人は一度相談してみると良いでしょう。気になるのが治療中の痛みですが、基本的に根管治療は神経を除去した後の歯を治療することになるので、痛みは殆ど感じません。もちろん麻酔をしなくても大丈夫な場合がほとんどです。神経がないということは、痛みそのものを感じる事ができないためです。痛みについての不安がある人は安心して良いでしょう。矯正歯科での治療を受ける際には、過去に神経を抜いた歯の根管治療が必要かどうかをチェックしてもらうことがお勧めです。

↑PAGE TOP